グリーン住宅ポイント制度ってなに?【対象と交換商品を分かりやすく解説します】

リフォーム・建築

こんにちは ヒデキ です。

2020年12月15日からグリーン住宅ポイント制度がはじまりました。
今回は4項目が対象案件になるためちょっと複雑ですね。
新築、リフォーム等が対象になりますので、これから検討している方は対象になるかもしれませんよ。
今回は対象条件や中身を解説いたします。

グリーン住宅ポイント制度ってなに?

・グリーンポイントとは?

国土交通省の制度概要は以下の内容です。

グリーン社会の実現および地域における民需主導の好循環の実現等に資する住宅投資の喚起を通じて、新型コロナウイルス感染症の影響により落ち込んだ経済の回復を図るため、一定の性能を有する住宅を取得する者等に対して、「新たな日常」及び「防災」に対応した追加工事や様々な商品と交換できるポイントを発行する制度です。

簡単に言いますと

グリーン社会(環境にいい社会づくり)の促進
コロナの影響で落ち込んだ住宅投資の促進
テレワーク環境等の促進
防災住宅の促進
バリアフリー、耐震強化の促進

の絡んだ工事にポイントを付与するので、少しでもお得に新築の購入やリフォームをして下さいと言う内容です。

グリーンポイントの目的は?

この制度の目的は「住宅投資の促進」がメインになります。
過去にも同じような制度がありました。

2010年:住宅エコポイント制度
2011年:復興支援 住宅エコポイント制度
2014年:省エネ住宅ポイント制度
2016年:住宅ストック循環支援事業
2019年:次世代住宅ポイント制度

どの制度も住宅投資促進、グリーン社会促進が主な内容となります。
今回はコロナの影響で落ち込んだ経済回復の一環で開始されました。

期間はいつまでなの?

期間は 2020年12月15日~2021年10月31日
までの期間になります。
注意点は工事内容によって申請の仕方が違います。
ギリギリの申請では間に合わない場合もありますし、予算がなくなり次第終了になりますので注意が必要です。

何をしたら対象になるの?

・ポイント対象条件は下記の項目になります。

新築住宅の建築・購入(30万P~100万P)
既存住宅の購入(15万P~45万P)
リフォーム工事(工事内容により異なる)
賃貸住宅の建築(1戸あたり100,000ポイント× 総戸数)

対象の項目によって内容が異なります。

対象になる項目(工事)は

●新築住宅の建築・購入の場合
高い省エネ性能等を有する住宅(どれかが当てはまればOK)
認定長期優良住宅:認定低炭素建築物:性能向上計画認定住宅:ZEH

一定の省エネ性能を有する住宅
日本住宅性能表示基準で定める断熱等性能等級4かつ一次エネルギー消費量等級4以上の住宅

上記のどちらかにあてはまればポイントの対象になります。

●既存住宅の購入
1:不動産登記事項証明書において、「新築」と記載された日付が、2019年(令和元年)12月14日以前であること。
2:既存住宅購入の、売買契約額が100万円(税込)以上であること。
3:以下のⅰ〜ⅳのいずれかに該当する住宅であること
i:空き家バンク登録住宅
ii:東京圏の対象地域からの移住のための住宅(既存住宅)
iii:災害リスクが高い区域からの移住のための住宅(既存住宅)
ⅳ:住宅の除却に伴い購入する住宅

「購入者が自ら居住する住宅が対象」なので、別荘やセカンドハウス等は対象外になります。

●リフォーム工事
必須工事
i:エコ住宅設備の設置
ii:開口部の断熱改修
iii:外壁、屋根・天井 または 床の断熱改修
※上記いずれか1項目は必須

ⅳ:バリアフリー改修
ⅴ:耐震改修
ⅵ:リフォーム瑕疵保険等への加入
ⅶ:既存住宅購入加算
※ⅰ~ⅲの必須項目が1つでもあればプラスでポイント加算。

●賃貸住宅の建築
1〜3のすべてを満たす住宅であること
1:すべての住戸が賃貸用に建築される共同住宅であること
所有者の居宅が含まれる建築物や店舗併用の建築物は対象となりません。
確認方法
証明書類:建築工事届
注意事項:建築工事届の第三面【へ.利用関係】において「貸家」として届出がされていること
(「持家」「給与住宅」「分譲住宅」として届出されているものは対象外)
2:住居として独立しているユニットが複数戸(2戸以上)存在し、
すべての住戸の床面積※1が40㎡以上の共同住宅であること
本制度における住戸数の数え方は、 住宅瑕疵担保履行法の資力確保措置等における戸数の算定によります。
具体的には、住宅瑕疵担保責任保険(以下、保険)に加入する(供託する)戸数と同じです。
かつ、各住戸専用の調理室(キッチン)、便所(トイレ)、洗面所および浴室を有していることです。
※1
床面積は、壁その他の区画の中心線で囲まれた部分の水平投影面積(吹き抜け、バルコニー及びメーターボックスの部分を除く)により算定。
なお、住戸内に階段が存在する場合、階段下のトイレ及び収納等の面積を含める。
3:建築物省エネ法に基づく住宅のトップランナー制度の賃貸住宅に係る基準に適合する※2共同住宅であること
※2
当該共同住宅等が基準省令第1条第1項第2号イ(1)に適合すること及び当該共同住宅等のBEI(設計一次エネルギー消費量(その他一次エネルギー消費量を除く。)を基準一次エネルギー消費量(その他一次エネルギー消費量を除く。)で除したものをいう。)が0.9であることをいう。

ポイントは何に使えるの?

ポイントが使用出来る内容は2つです。
商品と交換する
電化製品や色々な商品と交換が出来る予定ですが、2021年3月8日時点では詳細な商品は開示されてません。
順次、グリーン住宅ポイントのHPで公表されます。

追加工事代金として使用する
追加工事でポイントが使用できる工事は下記の内容です。
①新たな生活に資する追加工事
・ワークスペースの設置工事
・音質環境向上工事
・空気環境向上工事
・菌、ウイルス拡散防止工事
・家事負担軽減に資する工事

②防災に資する工事

となります。詳細は順次公表されます。
ポイント利用はどちらにするか選べますがメリット、デメリットがありますので注意が必要です。

上手に組合わさればボーナスポイントも付与される

ボーナスポイントの対象項目

通常ポイントの他に各項目で要件を満たすと追加でポイントが付与されます。

A:新築住宅の建築・購入
対象になる住宅
・高い省エネ性能等を有する住宅:40万ポイント
・一定の省エネ性能を有する住宅:30万ポイント

●加算ポイントの追加項目
・東京圏の対象地域からの移住のための住宅
・多子世帯が取得する住宅
・三世代同居仕様である住宅
・災害リスクが高い区域からの移住のための住宅

上記のいずれかが該当すると
・高い省エネ性能等を有する住宅:60万ポイント
・一定の省エネ性能を有する住宅:30万ポイント

となります。
Aの新築住宅の建築・購入をした際に、加算ポイントの追加項目が当てはまれば追加ポイントももらえます。
高い省エネ性能等を有する住宅:40万ポイント+60万ポイント=100万ポイント
一定の省エネ性能を有する住宅:30万ポイント+30万ポイント=60万ポイント

B:既存住宅の購入
対象になる住宅
①不動産登記事項証明書において、「新築」と記載された日付が、2019年(令和元年)12月14日以前であること。
②既存住宅購入の、売買契約額が100万円(税込)以上であること。
③以下のⅰ〜ⅳのいずれかに該当する住宅であること
・空き家バンク登録住宅
・東京圏の対象地域からの移住のための住宅(既存住宅)
・災害リスクが高い区域からの移住のための住宅(既存住宅)
・住宅の除却に伴い購入する住宅

ここのポイントは分かりづらいので国土交通省の資料でご説明します。

※「除却」とは、現状住んでいる家から別の中古住宅に住み替えた際に、「住んでいた家を解体」した場合になります。
ちなみに、「購入者が自ら居住する住宅が対象」なので、別荘やセカンドハウス等は対象外になります。

C:リフォーム工事
対象工事とポイント数
i:エコ住宅設備の設置
ii:開口部の断熱改修
iii:外壁、屋根・天井 または 床の断熱改修
※上記は必須項目なのでいずれか1点の工事が必要です

ⅰ〜ⅲと併せて実施した場合のみ対象
ⅳ:バリアフリー改修
ⅴ:耐震改修
ⅵ:リフォーム瑕疵保険等への加入
ⅶ:既存住宅購入加算

※リフォーム工事の場合はポイント付与が項目により分かれています。

D:賃貸住宅の建築

これは、アパート等の賃貸物件を建てた時です。この詳細内容は グリーンポイント住宅制度 賃貸住宅の建築 でご確認下さい。

・必須項目とサブ項目

リフォームの時にここをやれば出るんです

・リフォームするならここをやろう
新築や中古物件を購入する人よりも、リフォームで対象になる人が一番多くいるはずです。
ポイントのために無理してリフォームする必要はありませんが、そろそろお風呂、トイレ、キッチン、給湯器が古くなってきたから交換しようと思っている人は多いかもしれませんね。
では、おすすめのリフォームを紹介します。
1点注意事項がありました。今回、リフォーム工事のポイント申請は5万P以上でないと申請が出来ませんので複合リフォームでご紹介します。

ユニットバス交換工事が絡む場合のポイント

ユニットバス(高断熱浴槽):24000P
節湯水栓:4000P
給湯器(エコジョーズ):24000P
合計で52000P

・交換時期の目安
ユニットバス:15年
給湯器:10年

・交換費用の目安
ユニットバス:70万〜
節湯水栓:2万〜
給湯器:14万〜

が目安と言われています。
修理の際の交換部品がない可能性があるのが理由の一つですね。

トイレ交換工事が絡む場合のポイント

節水型トイレ:16000P×2台=32000P
給湯器(エコジョーズ):24000P
合計で56000P

・交換時期の目安
トイレ:10年
給湯器:10年

・交換費用の目安
トイレ:10万〜(1台)
給湯器:14万〜

トイレを2台で計算したのは1F、2Fでトイレがあるお宅も多いので。
給湯器も耐用年数が10年で同じ位なので一緒に交換した方がいいかもしれませんね。

玄関ドア交換+内窓設置工事が絡む場合のポイント

玄関ドア交換:24000P〜28000P
内窓設置:13000P〜20000P

・交換時期の目安
玄関ドア:25年(材質により異なる)
窓ガラス:環境によるので一概には言えないようです。

・交換費用の目安
こちらは工事店に確認してみて下さい。

この工事は「断熱改修」の工事になります。部屋が暑い、寒い方は検討してもいいかもしれません。
ポイントは交換枚数によってつきますのでリビングとかの窓を何枚か交換するのもいいかもしれません。
玄関ドアは断熱効果はもちろんですが、鍵ではなくカードタイプやスマホと連動しているもの、あとはボタンで開閉できるドアなど色々な種類があります。
内窓設置は既存の窓に内窓を設置することにより断熱効果が向上します。

他にも色々な組み合わせが出来ますので、まずは見積をもらって必要な箇所のリフォームを検討しましょう。






リフォーム対象工事のポイント数

対象工事のポイント数は以下の通りです。
ⅰ:エコ住宅設備の設置

ⅱ:開口部の断熱改修

ⅲ:外壁、屋根・天井又は床の断熱改修

ⅳ:バリアフリー改修

ⅴ:耐震改修

ⅵ:リフォーム瑕疵保険等への加入

ⅶ:既存住宅購入加算

ポイント交換は2種類から選べる

・追加工事か商品交換
2種類からポイントの使用は選べますがメリット、デメリットがありますので注意しましょう。
追加工事:追加工事で利用出来ますが工事内容が限られます。申請も2021年10月31日までですが申請に時間がかかりますので、締め切り日の1、2ヶ月前までに申請が必要になります。

商品交換:交換商品はまだ未定ですが家電製品等が出てくると思われます。商品交換の注意点は「定価」での金額になると思われますので家電量販店等で販売している価格よりも高い設定が予想されます。あまりお得感はないかもしれません。
しかし、申請後半年くらい交換期間がありますので時間に余裕があります。

どちらがメリットになるかはよく検討してみて下さい。

まとめ


・長くなってしまいましたが、グリーン住宅ポイント制度の中身は分かりましたか。
要点をまとめましたが、細かい内容は省いているのと、内容が変更になる場合もありますので詳細は、国土交通省のグリーンポイント住宅制度でご確認下さい。
今回のポイントもなくなり次第終了となっていますので、検討している方は早めに工事店に相談してみて下さい。工事店であればグリーンポイント制度も教えてくれますしね。
予算もあると思いますので、まずはどのくらいの費用がかかるか見積もりを出してもらいましょう。基本的に見積もりは無料で出してくれますので
外壁工事も10年から15年が目安と言われていますので、気になる方は検討してみるのもいいかもしれませんね。
では今回はこのへんで。





コメント

タイトルとURLをコピーしました