【営業ってどんな仕事】営業職にむいてる人とむいてない人の適正はなんでしょう!!!

仕事

こんにちは ヒデキ です。
平日は建築の営業職をして、週末はアミューズメント施設の運営をしております。
「営業向きだよね」ってよく言われますが、自分ではあんまり向いていないような気もします。
では、営業に向いている人、いない人ってなんでしょうか?

営業職にむいている人

タイムスケジュールができる人

基本的な事ですが、時間を守れない人はダメですよね。
お客様と約束した時間に行かなければ商材を提案する以前の話になってしまいます。
どんなにいい商品でも話を聞いてもらえなければ何も始まりません。
遅くとも五分前には先方に訪問した方がいいと思います。
あまり早すぎても迷惑になる可能性がありますからね。
ただし、なんでもかんでもお客様に合わせるのは得策ではありません。
なるべく自分のペースで営業ができるような工夫も大事ですね。

社交的で人当たりがいい人

営業は話すのが仕事になりますから、社交的でどんな人でも対応できる方はいいとは思います。担当の人は感じがいい方、悪い方色々な方がいますので臨機応変に対応できる方が望ましいですね。
相手に好印象を与えるのは色々ありますが、清潔感のある服装、早口ではなくはっきりした口調で話をすればとりあえずファーストインパクトでマイナスになる事はないんじゃないでしょうか。
どうしても営業に行った方が下に取られがちですが、極端に腰が低ければいいと言うことでもないのでここは注意が必要ですね。

お客様の目線にたてる人

営業マンは商材を売りたいので販売することが目的です。しかし、

訪問先のお客様はその商材が必要なのか?
商材を買ったことで費用対効果はあっているのか?
支払い面で負担は大きくないのか?

「こんな事を考えていたら営業なんて出来ないよ」

と思う方もいるかもしれませんが、必要のない物、費用対効果の見合わないものはお客様にとって不利益です。
長く営業を続けていくのであればお客様の事を考え、長くお付き合いしていった方が得策ではないでしょうか。
長くお付き合いしていただけると言うことは、信用されていると言う事にもなります。信用されていれば紹介したくなる人も多いですよ。
そうは言っても、毎月数字に追われる営業であれば中々難しいかもしれないですね。

観察力がある人

営業に行った時にずっと商品の話をすることはないと思います。
雑談も挟みながら話が進んでいるはずです。この雑談は非常に重要だと私は思っています。
雑談をしながら色々な情報収集が出来ます。
担当者は女性か男性か、年齢はどのくらいか、どんな人柄か、なにが好きか、役職はなにか、決定権はあるのか等話している中で得られる情報はたくさんあります。

若い女性の方だったら好きな芸能人や流行の話、年配の男性だったらプロ野球や趣味の話等を交えながら話をすると相手も少しづつ気を許してくれます。
もちろん、その状況を何気なく作るのはある程度のテクニックが必要になりますね。
かしこまった状態では突っ込んだ話は出来ないので、まずは相手の懐に入ることが重要ですね

人のまねができる人

昔から言われていますが成長の近道は
「出来ている人のマネをする」
です。これは時代が変わっても同じじゃないでしょうか。
成果が出ている人は自分がやっていないこと、自分と違うことをやっているはずです。

例えば、
こまめに電話やメールをしている
新商品や新サービスが出るたびに情報を送っている
近くに寄ったら顔出しに行っている
自社商品でなくても有益な情報提供をしている

とか細かいことの積み重ねをしているのではないでしょうか。
いいかもと思ったことをすぐにマネできる人は成長が早いと思います。

営業にむいてない人

時間にルーズな人

当たり前のことですが、時間にルーズな人は正直むいていないです。
約束の時間に遅れていけば、お客さんのスケジュールもずれ込みます。
そんな状態で話をしてもちゃんと聞いてくれる方は少ないでしょう。
商品の説明をする前からマイナススタートは厳しいでしょう。

清潔感がない人

初めて人と会った時に重要なのは見た目です。
これはかっこいいとか可愛いではなく服装や仕草の事です。
ヨレヨレのスーツやワイシャツ
汚れた靴
寝起きのような顔
髭面やボサボサヘアー
なんて格好で会った人でいい印象を持つ人はいませんよね。
最低限の身だしなみは必要です。

行動力が低い人

営業で急な商談やクレーム対応はつきものです。
重要な案件であれば自分のスケジュールを調整してでも対応しなければならない時もあります。
クレーム処理は時間が経てばその分悪化していきます。
どちらも迅速に対応出来ないと信用を失ってしまいますね。

色々な事に興味がない人

話をするのに幅広い知識が会った方が有利です。
例えば、小学生で流行っているもの、女子高生の流行り物、世の中で話題になっているものとかなんでもいいと思います。
なんでもいいと言うのは訪問先の方が何に興味があるか分からないので、たまたま自分の持っている知識が合致すればそれで話が弾むからです。
興味がないから知らないではなく、色々な事に興味を持てる方がいいと思います。
今の時代はスマホである程度の知識は得られるのでそんなに大変ではないでしょう。

人と話すのが苦手な人

商談の際は必ず話をしなければなりません。
話をすることによって相手の方とコミュニケーションが出来てその先の契約になります。
極端に上手に話す必要はないとは思いますが、根本的に話すのが苦手な人は営業職にむいていないでしょう。

営業ってどんなのがあるの


営業といっても色々な営業があります。
他にもありますが代表的な営業職を抜粋してみました。

・法人営業
法人営業は、企業を対象として営業活動を行います。・個人営業
メインは一般消費者や家庭を対象として営業活動を行うのが個人営業です。

・メーカー営業
自社で製品を作っているメーカーで、自社の製品を売り込むのがメーカー営業の仕事です。

・商社営業
商社営業は、色々な企業・メーカーから商品を仕入れて営業販売をするのが仕事です。

・代理店営業
代理店営業は、自社製品を販売してくれる代理店の新規開拓やサポートをする仕事です。

・訪問営業
顧客先を訪問して営業活動を行うのが、訪問営業です。営業とは、多く顧客先に訪問するかが勝負です。
基本的な営業職ですね。事前にアポどりをしてお客様のところに提案をしにいくスタイルです。

・飛込営業
飛び込み営業は訪問営業の一種ですが、アポなしで訪問する営業です。
突然訪問するので門前払いされるケースも少なくありません。

・テレアポ営業
テレアポ営業は、電話でお客様に会う約束をしてから提案にいく営業です。
アポどりがメインなので提案しに行く人は別の営業マンが行くケースもあります。

・テレコール営業
テレコール営業は、電話でのやり取りのみで商品説明、契約までを行う営業方法です。

・インサイドセールス
インサイドセールスは、見込み顧客に対て電話やメール、Webシステムなどを使って営業活動をする手法です。
インサイドセールスは直接顧客に会わないので時間や場所を気にせず営業活動が出来ます。
働き方改革の一環としても導入する企業が増えてきているようです。

・反響営業
反響営業は、インターネット、テレビ、ラジオ、新聞やダイレクトメールなどのメディアを通して広告宣伝をして、興味を持った人が連絡をしてきた人に対応する営業です。

・受付営業
受付に座っていて、お客様からの購入依頼などに対応する営業方法が受付営業です。

とまぁ、色々な営業職がありますよね。
簡単な説明なので、興味がある営業職があれば詳しく調べてみて下さい。

まとめ

営業向きな人と、営業に向かないであろう人の特徴はこんな感じですかね。
私は話すのが得意な方ですが、営業むきではないと思っています。
自分で納得していない商品をお客様に販売するときに、色々考えてしまうのでいまいち押しきれないんですよね。
この商品は今後お客さんに必要なのかとか、毎月の支払いが大変なんじゃないのかとか・・・
要は本当に必要なものじゃないなら今じゃなくて、よく考えた方がいいですよって思っちゃうんですよね。
ちなみに今私がお世話になっている会社は建築系ですが反響営業です。
古い会社なので顧客は年配のお客様も多くいます。
リフォーム等がメイン営業になりますが、お子さん達も家を出て帰ってくる予定がないお宅ばかりなので
「あと何年住むか分からない」
「自分たちが生きている間だけ使えれば」

と言う方がほとんどです。
そんなお客さんに大規模リフォームは必要ないと思っていますのでいつも
「必要なとこだけやりましょう」
と言っています。お客さんは、色々なとこをやった方がいいと言われると思っている人がほとんどなのでその言葉はかなり響くようです。
これは会社の考え方ですからみんなが出来ることではありませんが、ノルマに追われている営業マンがくれば色々なとこの修繕提案していくのは当たり前なので私が強く勧めないことが逆に信用につながるみたいです。
あっ、うちは反響営業でノルマも特にないのでインセンティブはほとんどないようなもんです。ノルマがある会社はそれなりのインセンティブがあると思いますので取った分だけのリターンがあるのは魅力かもしれないですね。

色々な営業職がありますが、自分に合いそうなのはありそうですか。
ノルマがある会社も考え方によってはいいと思います。
短期決戦で資金を稼いで次のステップに行くことも出来ますから。
どうせ働かないといけないので「楽しく」出来る仕事が見つかるといいですね。
では今回はこの辺で!!!


コメント

タイトルとURLをコピーしました